【デジタルイラスト】ペンタブと液タブとiPad、結局どれがいいの?

一口にデジタルイラストを描くといっても、その媒体は多様なものになってきました。

デジタルイラストデビューにあたって、

  • ペンタブ
  • 液タブ
  • iPad

のどれを使えばいいのか悩んでいる方に向けて、各媒体のメリットデメリットを比較してみました。

 

ペンタブ

ペンタブレット(ペンタブ)とは、パソコンに接続して使用するデバイスです。

メリット

安価である

後述の液タブやiPadと比べると安価で手に入れることができます。

安いものであると3000円程度で販売されているので、デジタルイラストを始める方にとって初期投資のハードルが低いです。

 

デメリット
パソコンとモニターがあることが前提

ペンタブは単なる入力デバイスであるため、「処理を行うパソコン」と「出力を行うモニター」が必須となります。

また、高解像度であったり大量のレイヤーを使用するといった高い負荷を伴う場合は、相応のマシンスペックが必要となります。

 

思い通りの線を引くには慣れが必要

ペンタブの場合、入力は手元、出力は目の前のモニターとなりますので、ペンで紙に書くようなレスポンスが得られません。

よって、ペンタブに慣れないうちは、思い通りの場所に線を引くのが難しいと感じる可能性があります。

 

作業場所が限られる

デスクトップPCに接続する場合は、当然そのPCの前での作業となります。

ノートPCの場合は、デスクトップよりも自由度が高いですが、PCとペンタブを置く場所の確保が必要です。

 

液タブ

液晶タブレット(液タブ)とは、入力部と出力部が一体となったペンタブです。

ペンタブはPCに接続する必要がありますが、液タブの場合、PCに接続するタイプと接続せずにスタンドアローンで動くタイプがあります。

メリット

思い通りの場所に線を引ける

液タブは、モニターをペンでなぞって線を引くので、入力場所と出力場所にギャップがありません。

そのため、ペンタブよりも思い通りに線を引くことができます。

 

スタンドアローンタイプの場合、作業場所の自由度が高い

パソコンに接続せずに使えるタイプの液タブは、それを置くスペースさえ確保できれば作業ができるため、場所の制限を受けにくいメリットがあります。

 

デメリット

ペンタブに比べて高価である

要はモニター付きのペンタブですので、その分高価となります。

 

また、スタンドアローンタイプは入力・出力に加え、演算処理機能も内蔵することになりますので、さらに金額が上がります。

 

iPad

iPadはApple社が販売しているタブレットです。

iPad proとApple pencilの組み合わせは、ペンタブや液タブに引けを取らない描画性能を実現します。

なお、iPadでもイラストは描けますが、proと比較すると性能は劣ります。

メリット

作業場所の自由度が高い

iPadは持ち運び性に非常に優れているため、ペンタブ・液タブと比べても作業場所の制限は最も受けにくいと言えます。

 

思い通りの場所に線を引ける

本記事ではあえて液タブと分けていますが、本質的にはiPadはスタンドアローンタイプの液タブと同じ類と言えます。

そのため、思い通りの場所に線を引けるというメリットもiPadは有しています。

 

デメリット

やや高価である

モデルにもよりますが、iPad proはペンタブよりも高く、液タブよりは安いといった印象です。

ただ、PCを持っていない場合はペンタブ+PC、液タブ+PCという構図になるので、その場合はiPadは安い部類に入るのかもしれません。

 

使えるアプリケーションに限りがある

iPad用のCLIP STUDIOやprocreteと言った優秀なアプリケーションはあるものの、WindowsやMacOSの環境と比べると、まだまだ少ないのがデメリットです。

ただこれも時間の問題で、今後続々とiPad用にアプリが投入されるであろうというのが私の予想です。

 

ショートカットキーが無い

ペンタブや液タブであれば、タブレットに搭載されたショートカットキーやキーボードに操作を割り当てることができますが、iPadではデフォルトではそういったことができません。

それをするには、Bluetoothキーボードや、ショートカットキーデバイスを別途用意して、接続する必要があります。

 

まとめ

ここではペンタブと液タブ、iPadのメリットデメリットについて説明しました。

 

個人的には、デジタルイラストを始めるのであればペンタブかiPadがオススメです。

ペンタブはPCさえあれば初期投資のハードルが低く、学生でも参入しやすいです。

 

金銭的に余裕があるならば、iPad proを選べば間違いありません。

「いつでもどこでもできる」というのは、モチベーションの観点でかなりの強みと言えます。