まきたすブログ

こんにちは、まきたすです。ここはイラストやゲーム、その他身の回りの事象について言及していく雑記ブログです。

まきたすブログ

MENU

おえかきをしていて楽しいと感じる時

私が人生で初めておえかきに快感を覚えたのは保育園の時です。

 

当時の私は「もりのへなそうる」という児童書にどハマりしており、そこに登場するへなそうるというキャラクターばかりを描いていました。

物語はよく覚えていないのですが、赤と黄色の首長竜の姿は今でも脳裏に焼き付いています。

 

ある日、先生が私のへなそうるコレクションの中から出来の良いものを選び、どこかへ連れて行きました。

そして後日、私のへなそうるは保育園で発行されているお便りに挿絵として掲載されていたのです。

 

両親はそのことをとても喜んでくれました。

私もそれを見て嬉しくなり、それと同時に、自分の創作物が優れたものとして大衆の目に触れることに対し、この上ないを快感を覚えていました。

 

この体験から、一層おえかきが好きなりました。

 

それから小学校に上がり、休み時間は自由帳におえかきをよくしていました。

授業でも絵を描く機会はありましたが、常にテーマを与えられ、好きなものを自由に表現することはできなかったので、あまり楽しめなかった記憶があります。

高学年になったある日、休み時間におえかきをしていると女子児童にそれをバカにされました。

それをキッカケに、おえかきはコソコソと嗜むものであることを認識しました。

 

中学時代は、パソコン部に所属してドット絵などを描いていましたが、それを見せる友達がいなかったので楽しくはなかったと思います。

 

高校時代、友人の間で自分達の描いた絵を見せ合うという目的のよくわからない遊びを通して、おえかきの楽しさを改めて思い知ったのを覚えています。

高校卒業間近になって初めてペンタブを購入し、デジタルイラストの道がひらけました。

 

大学に入り、漫研に所属しました。

それまで自分は絵が描ける方だと思っていましたが、同期には明らかに自分より上手い人間がゴロゴロいました。

しかしそこに劣等感はなく、「自分よりも強いヤツがいる」とひたすらワクワクしていたのです。

当時はpixivの全盛期であり、同期たちとそこでの点数も競ったりしていました。

堂々と自分の作品を公表し、いろんな人から評価を得られるのはこの上ない喜びでした。

 

社会人になってからは、漫研の友人らとは疎遠になり、デジタルイラストを制作する機会は激減しました。

しかし無職になってからは、ブログを始めると同時にお絵かきの頻度が増加し、再びネット上の大勢の方に見ていただく機会が増えました。

ありがたいことに、おえかきに対する反応もいただけます。

 

 

やっぱり自分の作品が誰かに認められるのは楽しいです。